各会社や業者にとって必要な項目を埋めて表記することが大切なポイントに

多数のサイトがネット上には開設されていて、特定商取引法に基づく表記の記載を目にする事があります。フッター部分の特商法の先を目にしてそのページを開いてみると、サービス提供や商品を販売する企業名や現住所に電話番号などが書いてありますが、他にも商品に関する返品についてや商品価格の記載などがあることも多いです。
ECサイトやアプリを利用して、商品を販売したりサービスを消費者向けに打ち出すとき、特定商取引法に基づく表記は必ず必要になります。

一から作るとなるとわからないことだらけ、でもネット上には星の数ほどのサイトがあり、他の会社などのホームページを見て、同じように記載をしようと考えるかもしれません。真似をしてかいておけばいい、ひな形があれば少しだけアレンジすれば大丈夫、そんな風に安易に捉えてしまうこともあります。確かにテンプレートは便利に使えますから、活用をすること自体は悪くはありません。

覚えておくべきなのは厳格な一定の規則を設けているのも特商法であるということ、利益を事業により生み出すためには仕組みがあり、ビジネスモデルは各々の会社により違います。異なることからWEBサイトに書かなければいけないことも、当然違いがあるという事です。

わかりやすい書き方をしているかといって、全く畑違いの他社のサイトから松丸書き写したり、適当に手を加えて書いてしまうのは賢い方法とは言えません。
一見するとそれらしく完成をしたと思っても、本当に表記しないといけない項目が抜け落ちていることもあります。必須の内容が抜けていたり、漏れてしまっていては、正しい特定商取引法に基づく表記の記載とは言えません。
自社の特商法における表記はこれで安心、間違いないだろうと思っていても、プロとして日々仕事をするお役所の人が発見をしたら誤りはわかりますし、何かしらのペナルティを受けることもあります。

具体的にどのようなお叱りを受けてしまう可能性があるかというと、運営をするうえで少し恥ずかしいことに、社名を公表されてしまうこともありますし、続けること自体が厳しくなる業務停止命令を受けてしまうかもしれません。
すべての会社は誠実なサービスと商品を消費者に届けることが前提、ですが業者の中でも悪質と判断をされると、刑事罰ということもあり得ます。
懲役刑というと穏やかではなく、最大で期間は2年間という決して短くはない時間です。でも特商法は怖いものではなく、正しい記載をする事で大きな問題に発展をする事にはなりません。

タイトルとURLをコピーしました