ライブ配信に適している業界について

一般的にはライブ配信とオンデマンド動画の再生回数は、プレミア感があるライブ配信の方が多くなると言われていますし、普通に考えればそれは当たり前かもしれません。
しかしながら配信する側に立って考えると、生で配信する事はネットワーク上の担保、コンテンツを制作するにあたってのミス、外部要因によるミス等を考えたとき、オンデマンド配信にした方が安心であると言えるでしょう。

しかしながらライブ配信の方が向いている場合があることも確かです。
もちろん、規模が大きくなればなるほど個人事業主のLiverが請け負うよりも、放送局でテレビ番組を制作するような事業者がプロの機材を活用して制作する方が向いている場合もあります。
しかしながら、ネットワークの確保さえできていればほとんどの場合個人事業主のライバーであっても十分に対応することができることがほとんどだと考えても良いでしょう。

ではどのような場合が考えられるでしょうか。特にライブに適しているパタンを考えたいと思います。まずは、規模の大小を問わず教育産業はライブの方が向いているといえます。
もちろん、講師の方々と生徒がリアルでつながっていた方が緊張感、臨場感がありますし、その場で画面越しであると言っても質疑を行うことができるのは非常に利便性が高いといえます。正しく教育現場においてはオンデマンドで一方的に授業を受けるよりもライブ配信の方が良いでしょう。また、音楽や運動会といったより現場を感じる必要とするような場合もライブ配信が向いているといえます。

そして、上記のようなライブに向いている、オンデマンドよりも適していると考えられている場合でも、リスクを回避するためにライブ配信とオンデマンドを組み合わせて利用する場合も出てきています。どうしても取り直し等ができず、あらかじめ撮りためておいた方が良いコンテンツをオンデマンドであらかじめ撮影し、必要に応じてライブ配信と組み合わせるのです。
このパターンであれば、オンデマンドのコンテンツだけをあらかじめ準備し、ライブ配信を行うと言う作業であれば個人事業主であっても簡単に補うことができるでしょう。

配信の主体者にとってもこの方がリスクを避けることができますし、利用する側にとっても安心感を得ることが可能になります。

このようにライブ一辺倒ではなく様々な利用方法がこれからは考えられることになるでしょう。いずれにしてもニーズは増える事は間違いなく、副業の1つとして考える事は間違いではないと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました