電気事業者に電話勧誘が多かった理由は特商法にあり

電気事業者が、一時期電話勧誘にて、勧誘を募る行為が多かった理由ですが、旧来の特商法にあります。
旧来の特商法は、電気事業者が行う勧誘法などは電話勧誘であった場合でも電気事業者側は相手から不当であると言われても対処する必要性がなく、言ってしまえば契約させたもの勝ちという物が横行していたのです。

ですが、ある時に、電気事業者も悪質な契約を迫る電話勧誘などの他、インターネット上から加入を募る方法であれば、特商法で消費者を保護しなければならないのではないかと民事が動き現在で電気事業者であろうと不当な方法で加入者を加入させた場合、契約自体を無効とすることができるようになったのです。

俗にいうクーリングオフが可能となったのは、特商法が電気事業者にも適応されるようになったが故現在では、電気事業者は電話での勧誘を行っていないのです。
何故なら、電話での加入に対してリスクがあるためです。
何故リスクを背負うかですが、現在、インターネット上でどのような事業者であるかという情報は即座に判明し、特に悪質なやり方をしている事業者の情報という物は即座にインターネット上で判明してしまいます。

つまりまっとうに、電気事業者側が利用者である消費者を獲得している場合は、そのような悪い情報は出てこないのですが、逆を言えば事業者側が悪質である行為を平然とやっている場合においては消費者側も警戒をするうえ、万が一契約が成立しても無効となるリスクの方が高いが故、電話勧誘という方法を取らなくなったのです。

一時期は、インターネット広告側もたくさんの広告を打ち出して加入者を募るという方法をとっていましたがこれも同様に契約後8日までに契約を解除されてしまうと電気錠者側は何の得にもならないが故にインターネット上で過剰に電気事業者が打ち出すサービスへの加入を迫るという物も減少したのです。

これらは特商法による消費者を守らないといけないという義務が拡大したが故に電気や水道という日常使用する物であっても例外なく、対応することとしているため電気や水道という安定して消費者から利用料を徴収できるものでも消費者は保護下にあるのです。

というのも、電力が自由化されたこともあり、電気を売るということをビジネスであると定めている事業者が増えたが故今現在では広告合戦などもありまして、それらを問題視した際、特商法を機能させるということで対応したわけになりますので現在の電気事業者に対する特商法はある意味で電気を売るということをビジネスとして強く打ち出しているという表れになります。

タイトルとURLをコピーしました